フラッグスタッフ

フラッグスタッフでお土産を購入

運転

 

グランドキャニオンへはフェニックスから車で4時間ほど。
砂漠の中を飛ばしながらの運転なので、4時間とはいえどもかなりの距離です。
途中でフラッグスタッフという街があるのですが、そこを拠点にグランドキャニオンを観光する人が多いようです。

 

コテージ
私たちもフラッグスタッフでコテージを借りました。
フラッグスタッフからグランドキャニオンまでは1時間半ほどなのですが、
途中でナバホ族というアメリカ原住民(いわゆるインディアン)のお店がいたるところにあって、
そこでアクセサリーや小物等が沢山売っています。

 

屋台のようなお店もあれば、きちんとした建物でお土産屋さん風情のお店など様々ですが、
売っているのはみんな似たようなものです。
それでもなぜかすべてのお店に寄りたくなってしまうのが観光客の定め(それとも私だけ・・・?)。

 

ドリームキャッチャー

 

アクセサリーは大体が10ドル以下で安めです。
子供用のネックレスやブレスレット、アンクレット、
ピアス、髪飾りとさまざまな種類があるので目移りしてしまうほどです。
私はブレスレットを6ドルで購入しました。

 

壺

 

アクセサリー以外では陶器や像、そしてドリームキャッチャーなどが売っています。
ドリームキャッチャーにも沢山種類がありますが、私は6ドルで小さいものを買いました。

 

フラッグスタッフ:アリゾナ旅行記

 

ナバホ族のお店で困ったことはおつりがなかったことです。
いつもおつりを持ち合わせていないのかはわからないのですが、
そんなこともあるので20ドル札以下の小さいお札も多数持ち合わせたほうが良かったみたいです。

 

あと、写真撮影をしていたら場所によっては「写真撮影はやめてください。」といわれました。
アメリカ原住民の方たちは写真撮影に敏感みたいなので、
事前にチェックしたほうがいいのかもしれません。

 

アリゾナ旅行記3へ